ゲイのMBA学生の生活

ゲイのMBA学生が書くブログ。主に、日々の生活や趣味などについて書きます。

遅すぎる五月病と不安すぎる将来

どうも、ぱのこめです。

先週〜今週にかけて、またまた課題地獄にハマっていました。前回は3週間くらいの長丁場だったのに対して、今回は1週間半にギュッと課題が詰め込まれた感じでした。前回よりも期間は短かったけど、やっぱりめちゃくちゃ辛かったです。。

 

時間が足りなさすぎて、先週はついに大学内に泊まって徹夜で課題をやりました。そのおかげで、家から大学までの往復3時間と睡眠時間6時間を課題に充てられたのですが.... 

その反動で体調が悪くなり、先週の土日はほとんど寝ていました。やっぱ睡眠は大切なんだなと、改めて思い知らされました。

 

そんな先週に対して、今週の後半はびっくりするくらい課題が出ませんでした。正確にいうと、来週以降に提出しないといけない課題はたくさんあるけど、今週提出しないといけない切羽詰まった課題は存在しないです。

そのせいか、気が緩んでしまって五月病みたいな感じになってしまっています。やたら無気力で、朝起きるのもダルい感じです。もう6月も終わりに近いんですけどね笑

 

気が滅入るとネガティブなことを考えがちになってしまい、最近はずっと

「なんでこんなに頑張って勉強してるんだろう。」

MBAを頑張ることにどんな意味があるんだろう」

ってことを考えています。

 

大雑把に言えば「将来のための投資」なんだってことは分かるんですけど...

でも将来の目標が明確にあるわけではないので、ゴールが見えない中で毎日苦しみながら前進してるみたいになってます。

 

先週の授業中に、クラス担任の教授からこんなことを言われました。

「皆さんは今苦しい思いをしながら課題をこなしているかもしれませんが、その苦しみは人生の成長痛です。成長するために必要な苦しみなのです!」

今思うと、まあいい言葉かも?って思いますが、気が滅入っていた時期に聞いたので全く心に響きませんでした笑

むしろ、「分かってるならもっと課題少なくしろや!」くらいにしか思えませんでした笑

この土日でゆっくり休めたのでだいぶ復活してきましたが、来週は気合い入れないとなーって感じです....。

 

 

あと、こんなにネガティブになっているのは、課題以外にも大きな理由があります。それが、就職活動に関する悩みです。

私は今年で22歳なので、ストレートで進むと大学4年で卒業する学年です。つまり、周りの友人たちが就職活動をしている、もしくは、就職活動が終わって就職先が決まっている状況なのです...!!

 

ゼミやサークルの友人たちから就活の大変そうな話をたくさん聞いて、すごくゲンナリしました。来年の今頃は自分も同じような状況になるのかと思うとすごく嫌です...。

しかも、さっき言った通り、将来の明確な目標みたいなものが無くて、希望する業界とか企業とか、そういうのもあんまりありません。

だから、もうすぐ就職についても真剣に考えないとなーっていうプレッシャーみたいなやつも感じていて、それですごい憂鬱になっています。

 

さらに、周りの友人たちは来年から就職して働き始めるのに、自分はまだ大学に残って勉強をするので、そこのズレみたいなのも変に不安を煽ってきてる気がします。

「今時、卒業が一年ズレることなんて瑣末なことだ」って意見ももちろん理解してるのですが、それでもやっぱり当事者になると不安だなって思います。周りは順調に大人になって行くのに、自分だけ置いていかれているような感じですかね...?

過剰反応しすぎなのかもしれないですけど、課題疲れに加えて将来の不安というダブルパンチをくらった結果、憂鬱な気分になってました。

 

 

こんな感じで、この2週間はメンタル面で不安定な時期でしたが、やっと回復してきました。

今週で6月も終わり、夏学期も残り1ヶ月を切ったので、ラストスパート頑張りたいと思います!笑

 

それでは、また。